2018年8月10日金曜日



U-11夏合宿in 埼玉



【日程】7月27~29日

【カテゴリー】U-11選手コース&スペシャルクラス

【内容】柏レイソルTORCUP

【会場】埼玉 UACJ深谷多目的広場



選手達が楽しみにしていた夏合宿がスタートした。選手達は朝からテンションが高く、みんな笑顔でバスに乗車。「今日は何試合やるの? 宿は綺麗? 温泉もあるの? 部屋割りは?」など質問攻め  行きの車内は選手達の質問であっという間に試合会場に到着。

保護者様には早朝6:00集合で大変ご迷惑をお掛けしました。



合宿初日

【目的】トレーニングマッチ

【相手】江南南SS、柏レイソルTOR

江南南は埼玉県内で強豪と言われ、毎年素晴らしい成績を残しているチームである。また、柏レイソルTORは柏レイソルアライアンスグループ(A提携)で姉妹関係のチームであり昨年は千葉県優勝したチームである。当クラブU-11も昨年はベスト8という成績で今回のトレーニングマッチは個人的にも楽しみにしていました。

到着後はグラウンドでみんなが気持ちよくプレーできるように荷物の整理!



「柏レイソルAA長生 VS 江南南SS」戦  

 


ラインズマンも出来るようになりました。

 


 





「柏レイソルAA長生A VS 柏レイソルAATOR」戦 





 




レイソルTORに勝利し、上機嫌!(喜)

RICE治療はそんな感じだったかな…

空いてるスペースでポゼッション:キーファクター「攻守の切り替え」「パスの質」をテーマにトレーニングしました。



今日は早朝から1日ご苦労様でした! 明日も頑張れ!


課題となった点

個人:インステップ、インサイドのキックの使い分け/ボールを受ける前の準備(プルアウェイ、視野の確保、相手をみての判断(ボールと味方と相手の同一視野)、ステップワーク、姿勢、タイミングなどをチームのスタンダードとするものが少し低くなっていた。



チーム:攻守にわたり、センターバック、アンカー、ボランチ、GKなど中央の選手が周囲の味方選手を上手くコントロールできていない。



明日からの大会ABチームメンバーを発表しました。少しコクかもしれないけどこれもスポーツをする上で学ばなければなりません!みんな頑張れ!






ここからは合宿最大の目的である。宿での取り組み方です。
まずは部屋割りを押尾コーチが発表!今回はあみだくじで決定!

なんだこのアプリは…驚 さすが押尾コーチ!  

 


ドキドキしながら抽選会!

夕飯まで少し時間があるのでウィダー、バナナ、おにぎりで栄養補給!



◎夕食

柏レイソルAA「長生&TOR」食事会です。

はじめは嫌がっていた長生メンバーも時間の経過とともに仲良くなっていきました。













 



お替わり対決も6対14で敗退(涙)

自分は合宿中の食事は何も言いません! 理由:本来食事は楽しくたべるものですし、日々の食事量がどれだけなのかを観察したいからです。

しかし、長生選手達も食べる選手は2回、3回とお替わりしていました。(笑)



 

部屋の様子はこんな感じでした!

シックな部屋で選手達が落ち着いて過ごせる環境でしたが






ミーティング
サッカー上達にはやはり身体づくりがもっとも重要なので「ストレッチと栄養学」
を行ないました。




 7月28日(土)
合宿2日目 
朝食 みんなよく寝れたかな…




台風の影響で天気予報は雨(悲)
そして、大会はフットサルコートで交流戦へ変更になりました。
会場へ行ってみるとフットサルコートが5面もあり、A・Bチーム全員クタクタになるまでサッカーを楽しめました。







 








































感想
フィールド4 GK1 で試合を行ない、攻撃ではサポートの質や守備ではスライドなど
隙のない選手、隙のある選手の差がみられる。
隙は判断能力の差もあるが、知識の方が大きいと思う。普段のトレーニングから「どうしてそこに?」という質問をたくさんし、「考えさせる」環境を増やしていきたい。

2~4人称の部分がみれてすごく考えさせられました。(感謝)

8月29日(日)
合宿最終日
みんなで宿に挨拶! 「3日間ありがとうございました!」




朝の大雨が止み…
























感想
Aチーム
オフザピッチ:「なんでも早くやればいい/結果良ければいい」という考えをもった選手が多い。「話を聞く⇒考える⇒みんなで分担⇒実行⇒成功・失敗⇒再チャレンジ⇒成功」というサイクルを持たせたいが、なかなか上手くいかない。「話を聞く⇒考える」を急がせずゆっくり実行させてみようと思う。

オンザピッチ:相手が近くにいなくても「焦ってプレー」している選手が多い。理由は1つではない「プレー姿勢が…」「体幹が…」「ボールを受ける角度が…」「ボールだけみている」など視野が確保(特に相手をみる)ができていない可能性が高い!が理由で自らボールを失う。普段のトレーニングから強調して伝えていきたい。

Bチーム
オフザピッチ:「リーダーシップを発揮できない」という理由から自ら判断し、実行しない。思考停止という悪いサイクルにある可能性がある。A・Bを切り離してBチームで自ら判断し、実行へと移るように仕向けたい。

オンザピッチ:課題はAチームと同じではあるが、「勝ちたいや負けたくない!」という気持ちがをもたせる。チームの勝利の為にトレーニングするという試合とトレーニングが直結していることを考えさせたい。
攻守の優先順位を考えさせる設定でのトレーニングをする。
しっかり話を聞いて「キーファクター」を強調し、プレーさせる必要がある。


今回、スペシャルコースの選手も参加し、19名で大会合宿へ臨んだ。
2チームエントリーすることができ、プレー時間も十分確保できたと思う。
2日目は雨天でフットサルとなったが8人制では見えない課題があり、良かったです。
また、宿も素晴らしく「食と睡眠」を落ち着いて学ぶことができたと思います。
関係者の皆様、本当にお世話になりました。
最後になりましたが保護者の皆様、選手はもちろんですが自分達指導者にとっても多くを学ぶことができ、貴重な3日間でした。合宿の詳細は報告書にてご確認願います。
本当にありがとうございました!


今後の千葉県選手権大会・プレミアリーグで1つでも勝てるように!そして柏レイソルAA長生U-11選手達のサッカーは「プレーしていて楽しい!」「観戦、応援してくれてる人も楽しい!」という魅力あるサッカーを目指し頑張っていきます!

今後も引き続き応援よろしくお願いします!



担当 押尾、木島


0 件のコメント:

コメントを投稿