2017年5月1日月曜日

U-11 TAKA2 Challenge Cup


58

【カテゴリー】U-11

【大会】TAKA2 Challenge Cup


先週に引き続き大会に参加しました。会場は人工芝でしたがボールが止まってしまうくらいのグランドコンディションでした。

1試合

VS 見明川SC 【結果】2-1

ピッチコンディションが悪く細かいドリブルやショートパスがしづらい…

このようなコンディションではスペースへのパスやボールの下を蹴り上げるようなドリブルが生きてくる事をミーティングで説明し、w-upで実践した。
このようなコンディションには慣れていない様子でしたかが… いよいよkickoff‼



立ち上がり早々に右サイドからドリブル突破され、失点される。
少し慣れはじめた様子、相手陣地内でボールの奪い合いが続く。
ボールを奪われた後の攻守の切り替えが早く、良い時間帯で同点に追いつく。
その後もスペースへの配球が上手く繋がり、慣れてきた様子で、ゲームを支配していました。

後半も良いリズムで試合を展開するが、相手GKのパントキックで、何度か押し返されてしまう場面もあった。
何度かビックチャンスが訪れるがなかなかシュートまでいかない!
キーパーと11で相手GKを交わし逆転ゴール!
このゲームではボールをはね返すチカラも大切なゲームスキルなので今後の課題にしたい。



2試合
VS カナリーニョ 【結果】0-3

提携クラブ同士の戦いとなった。



立ち上がり守備の連動が上手くいかなくなり、いきなりの失点!






その後もディフェンスラインが低い位置に構え、中盤を支配される。
途中、修正をベンチから伝えディフェンスラインが良い距離間で保ち始める。当然、ボールを奪った後の攻撃も機能し始めた。そして試合終了となる。予選2位通過





このゲームではディフェンスラインという課題がクローズアップされ、今後の課題として修正したい。

決勝2位トーナメント 1回戦 VS 中志津SC 【結果】1-0

キックの精度が悪い、相手位置を把握しながらボールを受けられないなど、自分達でボールを失うことが多い試合となった。
やはり、しっかり相手位置を確認しながらプレーする事が出来ていないようだ!
このゲームでは相手の位置を予測のみでプレーしている事とパスとコントロールの精度の悪さが原因でボールを失うことが多かった。
今後のプレーの伸びしろへ大きく関係してくるのでしっかり確実に進めていきたい。

決勝 VS カンガルーFC2-0

本日の最終戦はみんなで協力し、勝利を目指す事をテーマにした。メンバーもいつもやっていないポジションで行うよう指示した。



プレーの課題は攻守でも個々がしっかり相手位置を把握し要求・マークする事を課題とした。今までとは違い凄く良いプレーが連続する。
前半は点には結びつかなかったが凄く楽しい展開力をみせたが0-0で終了した。
後半はメンバーを総入れ替えし、試合に入った。
ここでも素晴らしいプレーの連続だった。すると、次々とゴールを奪う。
後半7分、10分と連続ゴール!

大会を終えての感想
今大会ではいろいろな課題点がクローズアップされ、凄く貴重な1日となった。

ここ最近の選手達はボールが動くと楽しい事に気づきはじめている。攻守の連動についてこだわり続ける事はサッカーをやっている以上欠かせない大きなプレーの1つである。やはりみんなで良いプレーをして勝利する事が一番の成長材料になるので攻守の連動についてはしっかり与え続けたいです。

スタッフとしても反省が残りました・・・ 写真の枚数が少なかったことです。
申し訳ありませんでした。





今大会の関係者並びに参加チームの皆様には大変お世話になりました。また、悪天候の中応援に足を運んで下さった保護者の皆様には感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

担当 押尾.木島









0 件のコメント:

コメントを投稿