2016年6月23日木曜日

U-7.8選手コース 昭和の森TR&アスレチック体験

6月11日(土)にU-7・8選手コーストレーニングの一環として昭和の森公園で、トレーニング及びアスレチック体験を行ないました。






ストレッチ終了後、ボールを使ってのトレーニング、試合を行ないました。







ボールを使ってのトレーニングが終わってからリレーを行ないました。
この日はかなり暑かったのでリレー終了後に日陰で休憩。
しっかり水分はとっているかな・・??





みんなで軽食の時間。おにぎりやカロリンメイト、ウイダinゼリーなど、しっかり栄養がある物を食べていますね。














休憩後にアスレチック体験です。
アスレチックでは子どもの平衡感覚、バランス感覚を養うために役に立ちます。
遊具にはよじ登る遊具もあり、足や手、どこにかければ登れるか?など知恵も必要になります。またよじ登るという行動は想像以上に体全体を使いますので楽しみながらも体幹を向上させる事ができます。





アスレチック最後は滑り台。
1人で滑ったり、何人かで滑ったり、笑顔満点!
(おしりは大丈夫かな・・・。)
終了後、グループでストレッチ。


アスレチック体験では、平衡感覚、バランス感覚を養うことや体幹の向上の他に、グループ行動で、ルールを守って行動することを目的としております。

今回、ある選手が滑り台で待っているときに後ろに並んでいる方に「先にどうぞ。」と言ってた選手がいました。
サッカーでもまわりを見てプレーをかえることはよくあることです。その選手もまわりを見て行動していたのだと思います。
良い判断、また、心の成長ではないでしょうか?




今後もサッカー・ビーチトレーニング・アスレチックトレーニングを通じてたくさんのことを学んでいこう。

今後ともよろしくお願い致します。



担当/小島・鈴木



0 件のコメント:

コメントを投稿